インプラントと差し歯の違いとは

###Site Name###

インプラントと差し歯は、どちらも失った歯を補うことができる治療ですが、その内容や適用条件は大きく異なっています。差し歯とは、歯の根元に、土台と被せ物が一体化した義歯を、差し込んで固定することをいいます。
土台をしっかりと支えることができる、歯の根が残った状態であることが必須です。

歯の根に問題がある場合や、抜歯してしまった部分には、適用ができないのです。

インプラントは、人工歯根とも呼ばれ、根が残っていない部分に、適用される治療方法です。



歯の根の代わりとなる人工歯根を、顎の骨に埋め込んで、固定をします。

抜歯してしまった部分、根が残っていない部分にも、適用が可能な最新の治療方法です。

これまで、抜歯してしまった部分を補うには、ブリッジや入れ歯が使用されてきました。

ロケットニュース24情報の失敗しない選び方を紹介します。

ブリッジは、左右にある健康な歯を土台として、真ん中の欠損部分に、義歯を固定する方法です。適用ができるのは、支えとなることが可能な歯が残っているケースだけでした。支えとなる歯がない場合は、最終的に入れ歯に頼るしかなかったのです。

そんな状況を一変させたのが、インプラントの登場です。

完全に根本までなくなってしまった歯の代わりに、人工歯根を入れることで、ごく普通の歯と同じように、食事ができるようになります。

人には聞けない珍しい渋谷のインプラントに出会えて満足です。

審美性も非常に高いため、通常の歯と区別ができないほど、そっくりに仕上げることも可能です。
保険適用外となるため、ブリッジや入れ歯よりも費用が高くなりますが、多くのメリットが評価されています。