2ピースタイプのインプラントの特徴

###Site Name###

インプラントはその構造によって大きく二種類に分けられますが、その一つとなっているのが「2ピースタイプ」と呼ばれるタイプのものです。

この2ピースというのは骨に埋没させるインプラント本体と人工歯、そして二つを連結させるアバットメントと呼ばれる部品の三つで構成されています。


アバットメントと人工歯の二つの部品を取り付けて初めて機能するために「2ピース」と呼ばれているわけです。さて、ではこの2ピースタイプのインプラントの特徴は何かというと、特筆するべきはその高い汎用性でしょう。

東京の審美歯科についての情報を簡単に探すことができます。

あごの骨が痩せている人や全身疾患を抱えている人であっても事前に配慮したうえで手術すれば十分対応が出来ますし、口腔内の状態や治療経過が変化した場合にもアバットメントと人工歯を取り換えることで対応をすることが出来ます。

NAVERまとめの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

また複数の部品で出来ているため事故などで施術個所に強い衝撃を受けた場合、その部品が壊れることでインプラントと骨の結合個所に損傷を与えづらいという特徴もあります。

ただ短所となる点もいくつかあり、特に治療を受ける側にとって重要なのが部品点数が多いため値段が高いということです。

これは2ピースタイプとは別のタイプである1ピースタイプと比較した場合の話ですが、安さを求めるのであれば1ピースタイプの方が優れているのが一般的です。



またアバットメントとインプラントをつなげるネジが緩む可能性があることも構造上の問題となっていますから、この点も事前に考えておかなくてはならないポイントとなります。