歯医者が使用するマイクロスコープのメリットは

###Site Name###

歯の治療では口腔内の細かい作業が必要な場合があります。

たとえば詰め物を施術することやかみ合わせの研磨、虫歯を削って治療するにも削りすぎのないように丁寧に行う必要があります。

歯医者では、光をあててその歯の表面をよく診て治療しますので、技巧的なところがあります。
つまり手の感触や歯の表面的な色で歯の状況をみて正確な治療をしなければならないので歯医者のスキルが問われます。



この点からスキル不足であると細かいところの見落として歯を治療してしまうこともあり、この治療の精度を上げるにはマイクロスコープを使用して、歯の細かい表面部分や神経の部位を見て行うほうがいいです。
マイクロスコープは小型カメラの歯の細部の映像をとります。

目視では確認できない歯の齲蝕や傷みをしっかりととらえることができるので見落としての治療の可能性はすくないので適格な施術ができます。しかしこの歯医者の使用するマイクロスコープにも難点はあります。

4meee情報サイトを使用する機会が増えています。

それはカメラをのぞき込みながらの作業なので口腔内の空間把握が難しく、慣れていないと上手く作業ではない点です。
目視で空間把握するわけでなく、カメラを見ながらでは違和感があります。


この難点も技術的な講習を繰り返しことで慣れてき改善されていくので運用するにはトレーニングは必要ですが時間をかければ問題ないです。

この点をクリアしてより高度や精巧な歯の治療をなすには歯医者にとってマイクロスコープは欠かせない道具となり得ると思われます。